ホームページで患者情報7,167人を誤掲載|市立吹田市民病院

画像:当院ホームページにおける個人情報の流出について(お詫び)/独立行政法人・市立吹田市民病院より

市立吹田市民病院にて2019年8月27日、ホームページの診療指標欄に治療実績などを公開する際に、担当者のミスにより患者の個人情報7,167人を誤掲載していたことが明らかになりました。

担当者は治療実績公表に必要なエクセル形式のファイルを扱っていましたが、個人名や年齢・入院日や治療方針などを伏せたPDFファイルを作成することなく、ホームページにアップロードしていたというもの。個人情報は2019年8月1日~2019年8月18日の期間中、患者の家族から指摘が入るまで公表状態が続いていました。

市民病院のホームページ更新は上司のチェック受けるものと定められていましたが、これは紙面の決裁に過ぎず、画面目視をしていなかったと説明しています。

再発防止策にPDF化と目視確認

吹田市民病院はインシデント発生の原因を、

  • 担当者が個人情報の記載されたエクセルシートのタブに気付かなかったこと
  • PDF化を怠り、エクセルファイルのまま公開したこと

と特定し、今後の再発防止策として、

  • ファイルをホームページに公開する際は、原則PDFファイルへの変換を徹底する
  • 上司の確認は紙面のものだけでなく、所属長による目視確認も取り入れる

と変更しました。

流出情報の内訳は、下記の通りです。

件数 7,167人
流出期間 2019年8月1日~2019年8月18日
流出項目 患者番号、氏名、性別、年齢、クリニカルパス名称、診療科名称、入院日、退院日、その他クリニカルパス管理に必要な項目

参照当院ホームページにおける個人情報の流出について(お詫び)/独立行政法人・市立吹田市民病院

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?