宇城市|個人情報296件記録したUSBメモリ紛失が発覚

画像:個人情報を含むUSBメモリの紛失について/宇城市

宇城市・不知火支所総合窓口課は2019年8月23日、複数の名簿記録を含んだUSBメモリの紛失が明らかになったと発表しました。

同課によると、2019年1月に外部記憶媒体の所在確認を実施したところ、保管していた4つのUSBメモリのうち1つがなくなっていたとのこと。記録によると、最後に確認された使用履歴は2018年3月27日。市は2018年3月~2019年1月の期間中に、何らかの原因で紛失したと見ています。

1年以上前に紛失の可能性も

宇城市によると、USBメモリには複数の名簿などが記録されており、合計296人の氏名や住所などが掲載されていたとのこと。

市はインシデントを受け、2019年7月26日より二回にかけて対策会議を開催。影響を受けた人物らに、報告とお詫びの書面を発送しています。(電話番号のみの記録に対しては、電話にて説明)

なお、市が確認する限り、二次被害などは発生していないとのこと。USBに記録されていた情報は、下記のとおりです。

  • 2016年~2017年 不知火校区地域連絡協議会名簿
  • 2017年~2018年 不知火地区地域懇談会委員名簿
  • 2018年度松合出張所非常勤職員面接受付簿
  • 2016年参議院選挙及び2017年衆議院選挙の期日前投票所の投票管理者・投票立会人・ポスター掲示設置場所一覧表
  • 2016年~2017年の災害待機班の市職員名簿などのファイルに、氏名、住所及び電話番号等

参照個人情報を含むUSBメモリの紛失について/宇城市

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?