7pay不正アクセスの続報を発表、約3,860万円の不正利用被害か

画像:「7pay(セブンペイ)」に対する不正アクセスの件(第5報)/株式会社セブン&アイ・ホールディングスより

株式会社セブンアンドアイ・ホールディングスは2019年7月30日、同社の電子マネー決済システム「7pay」にて発生した不正アクセスに関連して、被害金額の公表およびパスワードの一斉リセットを発表しました。

同社は2019年7月30日、セキュリティ上の必要性から既存顧客の7IDのパスワード設定を一斉にリセット。さらにログインする際に必要なパスワードの設定条件も変更し、再発防止に繋げるとしています。

被害額は約3,860万円

株式会社セブンアンドアイ・ホールディングスは今回の発表にて、2019年7月29日17時時点で同社が把握している不正利用被害額・被害人数を公表しました。

これによると、今回のインシデントにより807人が不正アクセス被害を受け、合計3,860万5,335円の不正利用が疑われるとのこと。同社は今後も事態の把握に努めるとしていますが、同時に7月中旬以降は、新たな被害は確認されていないと明かしています。

参照「7pay(セブンペイ)」に対する不正アクセスの件(第5報)/株式会社セブン&アイ・ホールディングス

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?