個人情報流出でFacebookに制裁金約5,400億円、過去最大規模の処分

画像アメリカ連邦取引委員会より

アメリカ連邦取引委員会は2019年7月24日、同国大手IT企業の「フェイスブック」に個人情報流出による制裁金・約5,400億円を課したと明らかにしました。

連邦取引委員会はフェイスブックに対して「ずさんな個人情報の管理体制により、ユーザーの信頼を裏切った」と言及。プライバシー問題に関する制裁金としては過去最大規模の処分を下しました。

8700万人の情報流出

同社が提供する「Facebook」は、日本でも知らない人がいないほど有名なサービスです。

ただし、同社からは過去、約8,700万人を超える個人情報に流出懸念が生じただけでなく、ロシア政府による選挙干渉疑惑など、複数の疑惑が浮上。

今回の制裁金には「襟を正せ」との意味が込められている、とする見方も有力です。同社代表のザッカバーグ最高経営責任者は、プライバシー保護に向けて新たな規範を立てるとコメントしています。

参照フェイスブック、純利益が半減 巨額制裁で、減益2四半期連続/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?