日本年金機構、国民年金未納者の個人情報を記録したDVD紛失

日本年金機構の東京広域事務センターにて2019年7月21日、国民年金未納者の個人情報が記録されたDVDメディアがなくなっていたことが明らかになりました。DVDには未納者の氏名や住所、電話番号が記載されていた可能性があるとのこと。ただしデータは暗号化されており、漏洩などは確認されていないとしています。

外部委託先とのやり取りで紛失

DVDメディアは、機構の東京広域センターと外部委託先の間で、やり取りを進めるうちに紛失したものです。機構はこれまで、国民年金の滞納者に対する訪問や電話業務を外部に委託していました。

しかし今回、業者が状況報告のために送付したDVDを機構が受け取ったあと、何故かなくなってしまったとのこと。機構は当初、紛失を公表していませんでしたが、これを複数の機構関係者が明かした形です。

具体的な情報は全て「調査中」

紛失したDVDは暗号化されており、機構の特定のパソコンでしか閲覧できないものでした。機構は事案発覚後、データ閲覧自体をできなくする措置を実施。再発防止にも繋げる考えです。

ただし機構は記事発表時点で、被害規模や流出情報の詳細、原因など、いずれも調査中としています。事案は機構が毎月発表する「事務処理誤り」に掲載される方針です。

参照年金機構、個人情報含む記録媒体紛失 漏洩は確認されず/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?