新型ランサムウェアに感染しシステム停止|ユーロフィンジェノミクス株式会社

画像:サイバー攻撃によるシステム障害について/ユーロフィンジェノミクス株式会社より

ユーロフィンジェノミクス株式会社は2019年6月18日、同社が受けたサイバー攻撃により停止していたオンラインショップの再開と、インシデントの経緯を発表しました。

発表によると同社IT部門は2019年6月2日、社が使用する複数のシステムがランサムウェアによる被害を受けたと検知。その後IT部門と外部から招聘したセキュリティ専門家による対策チームにより防護施策を実施し、サービス再開に至ったとしています。

新型マルウェアによる感染

ユーロフィン者はランサムウェア感染の理由について、「マルウェアが新型であった」としています。攻撃発生時のセキュリティプログラムはマルウェアに対応しておらず、防止できなかったと説明。(数時間後、保護プログラムが更新される)そのため同社は被害を最小限に食い止めるべく、多数のシステムとサーバーを遮断。サーバーや端末などを全てスキャンした上で、システムの復旧に取り組んだとのことです。

なお同社が編成した対策チームによる追跡調査では、顧客情報の流出や不正利用被害は確認されず。同社は今後、セキュリティ体制を強化する方針を示しています。

参照サイバー攻撃によるシステム障害について/ユーロフィン

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?