誤送信でメールアドレス80件が流出、北海道電力

画像:お客さま宛てメール送信処理の誤りについて/北海道電力より

北海道電力は2019年6月11日、同社のモニター実証プロジェクト「ホームIoTサービス」に関するアンケートメールを送付する際、誤送信によりユーザー80件のメールアドレスが流出したと発表しました。

誤送信の原因は、担当者の送信ミス。アンケートメールを送付する際に「BCC」欄に入力せず「TO」欄に入力したため、全員のメールアドレスが表示された状態で連絡したとのことです。

作業手順見直しなど再発防止策を検討か

北海道電力は流出の影響を受けたユーザーに対して、電話とメールで謝罪および該当情報の削除依頼を進めています。

また今後は作業手順を見直すなど再発防止策に努めると発表。個人情報の管理に、より厳しい姿勢で臨むものと見られます。

参照お客さま宛てメール送信処理の誤りについて/北海道電力

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?