楽天を騙るフィッシングメールを確認、協議会が注意喚起

フィッシング対策協議会は2019年6月13日、大手IT企業・楽天をかたる新たなフィッシングメールが出回っていると明らかにしました。

フィッシングメールは【重要】楽天株式会社から緊急のご連絡 などのタイトルで送付され、不正ログインの可能性を示唆して、緊急ログインを促すもの。ところがメールに記載されたURLは偽物で、情報を窃取するものと思われる偽サイトへジャンプする仕組みです。

極めて精巧なログイン画面

今回確認されたフィッシングメールの転送先サイトは、本物とほとんど見分けがつかないほどのクオリティです。協議会が公表したスクリーン画像を見比べますと、普段から楽天を愛用しているユーザーですら、ほぼ識別不可能といって良いレベルに仕上がっています。

なお同協議会によると2019年6月12日現在、上記偽サイトは稼働中。協議会はJPCERT/CCにサイト閉鎖を依頼したと説明しています。

参照楽天をかたるフィッシングメールの報告を受けています。/フィッシング対策協議会

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?