2018年度漏洩インシデントは合計4,380件|個人情報保護委員会が発表

画像:平成30年度個人情報保護委員会年次報告/個人情報保護委員会より

個人情報保護委員会は2019年6月11日、2018年度の年次報告資料を公表しました。これによると、2018年4月1日~2019年3月31日の期間中に同委員会が報告を受けたインシデントは合計4,380件(委任・認定団体含む。直接受けたものは1,216件)。

これに対して同委員会は報告徴収 444 件、立入検査 32 件、指導・助言 238 件を実施したと明らかにしました。

大規模漏洩も29件確認される

同委員会は各インシデントの被害規模も公表しています。

これによると、インシデントの約92%は流出数500人以下と小規模。しかし50,001人以上の大規模流出は29件、5,001人~50,000人のインシデントも70件ほど確認され、大規模な流出が相次ぐ実情が浮き彫りとなりました。

各インシデントの流出件数は下記の通りです。

500人以下 501人~5,000人 5,001人~50,000人 50,001人 不明
4,034件 189件 70件 29件 58件

参照平成30年度個人情報保護委員会年次報告/個人情報保護委員会

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?