教員用メールシステムが不正アクセス被害、大量の迷惑メール送信|山口県立大学

画像:本学メールサーバへの不正アクセスに対する対応について/山口県立大学より

公立大学法人・山口県立大学は2019年5月29日、同大学の教員用メールシステムが海外からサイバー攻撃を受け、不正利用されたと明らかにしました。

攻撃者は同大学構成員のID・パスワードを用いてメールアカウントを乗っ取り、不特定多数の宛先に向け、大量の迷惑メールを発信したとのこと。影響を受けた受信者らに向け、謝罪を表明しています。

個人情報の流出はないと発表

山口県立大学はインシデント発覚後、調査を実施。不正アクセスは教員用メールシステムに留まり、その他学内システムへの影響はないとのこと。メールアカウント内に記録されていたアドレス帳や送受信履歴については言及がありませんが、発生したインシデントに対して、個人情報の流出はないと説明しています。

今月に入り、教育機関などへの不正アクセスが相次いでいます。2019年5月27日には、新潟県立大学も類似の被害を発表しています。

参照本学メールサーバへの不正アクセスに対する対応について/山口県立大学

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?