「サイバー攻撃は武力攻撃に該当」日米協力強化を決定|外務省

画像:2019/4/19日米安全保障協議委員会共同発表(仮訳)/外務省より

外務省は2019年4月19日、日米の安全保障に関する共同会議「日米安全保障協議委員会共同発表」(通称:2プラス2)にて、サイバー攻撃を含む新たな領域に関する横断的作戦(クロス・ドメイン)のために、関係を強化すると発表しました。

クロス・ドメイン作戦とは、陸海空に関する防衛能力に加え、サイバー攻撃や宇宙開発・電磁波脅威など、従来の軍事領域では考えられなかった、新たな局面に脅威へ対応する目的の作戦です。

サイバー攻撃は「武力攻撃に該当し得る」と明記

日米両国は今回の発表において、サイバー攻撃が日米安保条約5条に言及する「武力攻撃」に該当し得ると明記する形で一致しました。安保条約5条は集団自衛権に関する取り決めを記載した条文。日本国や施政下にある米軍が武力による脅威に晒された場合、日米は共同して問題に当たると定めています。

参照外務省「日米安全保障条約 5条」

これまでは物理的な領域侵犯や破壊活動を伴わないサイバー攻撃が「武力攻撃」に該当するか否かはっきりとしていませんでした。しかし今回の決定により、一定の条件を満たすことで、サイバー攻撃も日米安保条約5条の武力攻撃に該当し得る、と両国の認識・立ち位置を定めた形です。

参照2019/4/19日米安全保障協議委員会共同発表(仮訳)/外務省

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?