画像:個人情報を含むハードディスクの遺失について(お詫び)/沖縄県豊見城市より

沖縄県豊見城市は2019年3月27日、昨年に落成した新庁舎市役所への引っ越し作業の途中、個人情報を含むハードディスクが紛失したと明らかにしました。

紛失したハードディスクは社会福祉課が管理し、中には業務に関連する個人情報約1万8,000件が記録されていたとのこと。市は全庁にて捜索を進めましたが、記事発表時点で発見に至っていない状況です。

豊見城市発表のインシデントの流れ

日時 内容
2018年12月28日 新庁舎へ引越しを開始
2018年12月29日 引越しを完了
2019年1月4日 ハードディスクの紛失が発覚
2019年1月25日~2019年2月15日 全庁的な検索を実施
2019年3月26日 豊見城警察署へ遺失届を提出
2019年3月27日 国や沖縄県など関係機関へ報告

セキュリティ対策を実施

豊見城市はインシデントを受け、社会福祉課内で管理する他のハードディスクを、堅牢なセキュリティ対策のサーバー室に移すなど、再発防止策を進めています。

さらに人材面へのアプローチとして、職員に情報セキュリティに関係する職員研修を実施する考え。再発防止に向けて、ハードとソフトの両面からアプローチする姿勢です。

参照個人情報を含むハードディスクの遺失について(お詫び)/沖縄県豊見城市

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?