水道管破裂事故対応中にタブレット紛失、個人情報14万7000件流出か|岡崎市

画像:個人情報の紛失に関するお詫びとお知らせ/岡崎市より

岡崎市は2019年3月15日、個人情報が記録されたタブレットを紛失したと明らかにしました。市によると、タブレットは2019年3月14日に発生した水道管破裂事故への対応中に紛失。内部には水道管利用者らの個人情報約14万7,000件分が含まれていたとのことです。

二次被害は確認されず

岡崎市によると、タブレットには水道管利用者らの氏名・電話番号・装置場所情報が記録されていたとのこと。パスワードロックなどのセキュリティ設定については、明らかにされていません。

ただし記事発表時点で、タブレットに記録されている個人情報が不正利用された痕跡は確認されていないとのこと。市は謝罪を表明し、情報管理体制の徹底を進めるとしています。

参照個人情報の紛失に関するお詫びとお知らせ/岡崎市

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?