画像:Monappyより

警視庁サイバー犯罪対策課は2019年3月14日、電子計算機使用詐欺および組織犯罪処罰法違反の疑いで、栃木県宇都宮市に住む18才の少年を逮捕したと明らかにしました。

少年はモナコイン関連サービスサイトのモナッピーに不正アクセスを実行。仮想通貨約1500万円分の仮想通貨「Monacoin(モナコイン)」を盗みとった疑いが持たれています。

「全部とってやろうと思った」と供述

情報によると、逮捕された少年は2018年8月~9月にかけて、不正アクセスを目的にモナッピーのサーバーに偽の情報を送信。これによりモナッピーに保管されていたモナコイン9万枚を盗んだとのことです。

15日の時点で、モナッピーはサービスを停止しています。

なお少年は当局の捜査に対して、裏技感覚で不正アクセスをしたと供述。容疑を大筋で認めており「全部とってやろうと思った」といった趣旨の発言をしているとのことです。

参照MonappyにおけるMonacoinの不正出金につきまして/Monappy

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?