学生の個人情報1,169件が記録されたUSBメモリ紛失|阪南大学

画像:個人情報を含むUSBメモリ紛失のお詫びとお知らせ/阪南大学より

阪南大学は2019年3月4日、同大学に所属する専任教員が学生情報1,169件分を記録したUSBメモリーを紛失したと明らかにしました。

説明によると教員は2019年2月2日、ゼミのフィールドワークに向かうために乗車した電車の中でUSBメモリーを紛失。紛失した教員は鉄道会社や警察に遺失届を提出しましたが、記事発表時点で発見には至っていないとしています。

氏名や成績などのデータが流出

阪南大学によると、紛失したUSBメモリーには2015年~2018年の間に開講した一部科目を履修した学生の学籍番号など、複数の情報が記録されていました。パスワードロックなどの流出対策は未設定とのこと。内訳は下記の通りです。

  • 学籍番号(2015年~2018年の間に開講した一部科目を履修した人のもの)
  • 氏名
  • 成績の途中評価

参照個人情報を含むUSBメモリ紛失のお詫びとお知らせ/阪南大学

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?