動画SNSのTikTokと米国の連邦取引委員会(FTC)の間で、13歳未満の児童の個人情報保護をめぐって、TikTok側はFTCに約570万ドルの罰金を支払う旨、合意に至ったとしています。

FTCは以前から、ユーザーの居場所まで知ることができるTikTokの仕様を問題視しており、さまざまな議論が沸き上がっていました。

児童ユーザーの居場所も公開

FTCはTikTokの個人情報について、「児童オンラインプライバシー保護法抵触の可能性」について言及しています。

TikTokのプロフィールは公開状態で、外部から閲覧される可能性があると指摘。またTikTokは2016年10月頃まで、ユーザーの位置情報も公表する使用にしていた点も挙げています。

児童ユーザーの利用範囲を制限

TikTokは今回の問題に対して、児童ユーザー保護のために利用制限措置を実施しました。具体的には年齢制限システムを導入し、13歳未満のユーザーはフォローのみできるように改変したと発表。個人情報および児童保護について対処を進めています。

参照TikTokに罰金約6億3000万円。13歳未満の子供のプライバシー侵害、米連邦取引委員会と和解/engodget

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?