サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

ユーザーに無断でFacebookに個人情報送信、健康関連アプリなど規約違反か



画像:You Give Apps Sensitive Personal Information. Then They Tell Facebook/ウォールストリートジャーナルより

米国ウォールストリートジャーナルはこのほど、iOSおよびandroidなどスマートフォン向けアプリメーカーがユーザーの許可を得ることなくFacebookに個人情報を送信していたと明らかにしました。

同社によると、健康管理アプリなど合計10種類以上ものアプリが流出に関与。いずれもユーザー側の許可は得ておらず、Facebookへの情報提供の明示もなかったとしています。

広告ツール「アプリイベント」の存在

ウォールストリートジャーナルによると、無断提供に関わったアプリはいずれも、Facebookの広告ツール・アプリイベントを導入していました。

同社がある健康管理アプリをテストしたところ、ユーザーが測定した心拍数のデータをFacebookに転送していた事実が明らかになったとのこと。Facebook側はアプリイベントについて、健康など個人の機密情報の転送は、「開発者向けの規約に違反」していると説明しています。

参照You Give Apps Sensitive Personal Information. Then They Tell Facebook/ウォールストリートジャーナル


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。