ユーザーに無断でFacebookに個人情報送信、健康関連アプリなど規約違反か

画像:You Give Apps Sensitive Personal Information. Then They Tell Facebook/ウォールストリートジャーナルより

米国ウォールストリートジャーナルはこのほど、iOSおよびandroidなどスマートフォン向けアプリメーカーがユーザーの許可を得ることなくFacebookに個人情報を送信していたと明らかにしました。

同社によると、健康管理アプリなど合計10種類以上ものアプリが流出に関与。いずれもユーザー側の許可は得ておらず、Facebookへの情報提供の明示もなかったとしています。

広告ツール「アプリイベント」の存在

ウォールストリートジャーナルによると、無断提供に関わったアプリはいずれも、Facebookの広告ツール・アプリイベントを導入していました。

同社がある健康管理アプリをテストしたところ、ユーザーが測定した心拍数のデータをFacebookに転送していた事実が明らかになったとのこと。Facebook側はアプリイベントについて、健康など個人の機密情報の転送は、「開発者向けの規約に違反」していると説明しています。

参照You Give Apps Sensitive Personal Information. Then They Tell Facebook/ウォールストリートジャーナル

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?