誤送信でメールアドレス83件流出、NSCAジャパンが謝罪

画像:メールアドレス流出に関するお詫びについて/特定非営利活動法人 NSCA ジャパンより

特定非営利活動法人「NSCA ジャパン」は2019年2月15日、メール送信時の設定ミスにより、同会の「NSCA ジャパン S&C カンファレンス」の申込者ら83名分のメールアドレスが流出したと明らかにしました。

NSCAジャパンによると、流出の原因は宛先設定の入力ミス。申込者らに向けてカンファレンスの視聴案内メールを送信する際に、一部視聴者間でメールアドレスが表示される形式で送信したとしています。

謝罪と再発防止策を発表

NSCAジャパンが明かしたところによると同法人は一斉送信時、送信先のアドレスを隠すため、「BCC」欄に入力していたとのこと。普段は他の職員による二重チェック体制を取っていましたが、今回は確認を怠ったと説明しています。

同法人は影響を受けた可能性のある人物全員に謝罪を表明し、メールの削除を依頼。今後は職員に対して個人情報保護に関する教育を実施するとともに、チェック体制の徹底を進める考えです。

参照メールアドレス流出に関するお詫びについて/特定非営利活動法人 NSCA ジャパン

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?