画像:福岡県警より

福岡県警で2019年2月7日、県警が保有するサーバーがランサムウェアに感染したと明らかになりました。

情報によると、国や他県との連絡に支障が生じるなど、一部業務に影響がでたとのこと。捜査情報や個人情報の流出については、確認されていません。

県警本部のPCから感染か

ランサムウェアの感染原因は、現在のところ明らかではありません。2019年2月5日に、一部のPCが動作しなくなり調査を進めたところ、県警本部のPCを経由して、感染が明らかになったとのことです。

ランサムウェアはデータと引き換えに通貨振込や仮想通貨などを要求するタイプのマルウェアです。県警がランサムウェアにどのように対処したのか定かではありませんが、今後の動静に注目が集まっています。

参照福岡県警、サイバー攻撃被害 一部業務に支障/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?