委託先業者が車上荒らし被害、顧客リスト53件などが流出か|中部電力株式会社

画像:お客さまリストなどの盗難について/中部電力株式会社より

中部電力株式会社は2019年1月28日、電気メーター取換工事業務の委託先企業の作業員が車上荒らしを受け、鞄を盗難されたと明らかにしました。

盗まれた鞄には、個人情報を含んだ紙媒体のリストや携帯端末・身分証明書などが含まれていたとのこと。同社は影響を受けた可能性のある顧客らに向けて、謝罪対応を進めています。

端末はセキュリティ対策済

車上荒らしは2019年1月27日、名古屋市西区幅下1丁目で発生しました。被害を受けた委託先従業員が警察に通報し捜索を進めたものの、発見には至らず。

中部電力によると、盗まれた書類や携帯端末には個人情報が含まれていました。しかし携帯端末には、第三者の不正利用を防ぐセキュリティ対策を施しているとのことです。

紙媒体の書類に記載されていた契約情報は合計53件。盗難被害の内訳は下記の通りです。

  • 顧客リスト:53契約(氏名、電話番号、契約の管理番号)
  • 携帯端末および付属品:端末本体、プリンター、ICリーダーなど(セキュリティ対策済)
  • 身分証明書:顔写真付2枚

参照お客さまリストなどの盗難について/中部電力株式会社

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?