3億8,300万件の個人情報流出、マリオットが不正アクセス被害の調査報告発表

画像:Starwood Guest Reservation Database Security Incident/マリオットホテルより

マリオットホテルは2019年1月4日、同ホテル傘下のスターウッドホテルに対する不正アクセスについて、最新の調査報告を公表しました。

これによると、流出の可能性がある個人情報は最大で3億8,300万件。同ホテルはこれまで約5億件相当の被害を想定しており、幾分下方修正した形です。

カード情報や旅券番号も被害が発生

マリオットホテルは今回の発表にて、カード情報及び旅券番号についても言及しています。

これによると、攻撃を受けた顧客情報に含まれるカード情報約860万件及びパスポート番号のうち約2,030万件は暗号化処理されていたとのこと。ところがパスポート番号のうち、最大約525万件は暗号化処理がされていなかったとしています。

参照Starwood Guest Reservation Database Security Incident/マリオットホテルより

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?