画像:岐阜県多治見市より

岐阜県多治見市は2018年12月26日、多治見市消防本部が職員らに向けてメールで連絡する際に、担当者が送信設定を誤りメールアドレス合計576件が流出したと明らかにしました。

多治見市消防本部によると、アドレスには個人名が記載されていないとのこと。また悪用による二次被害は確認されていないと説明しています。

宛先に全てのアドレスを付記

多治見市消防本部の説明によるとメールアドレスの流出は2018年12月22日、行方不明者発生の情報を関係者らに連絡する際に発生しました。

消防本部は火災など災害が起きると連絡リストに基づき消防団員らにメールで通知することになっていましたが、連絡の際に担当者が操作を誤り、宛先欄にすべてのメールアドレスを入力したとのことです。

参照多治見市消防が団員ら576人のアドレス流出/岐阜新聞

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?