画像:Expediting changes to Google+/Googleより

米国グーグルは2018年12月11日、SNSサービス「Google+」に新たな問題が生じ、約5,250万人分の個人情報に流出の恐れがあったと明らかにしました。

グーグルによると、原因は11月に実施されたソフトウェアのアップデート。一部にAPIに影響する不具合があり、外部から個人情報が閲覧可能な状態にあったとしています。

不正利用は確認されず

グーグルは今回の不具合発生から約1週間ほどで修正対応を完了しています。懸念される情報漏洩についても、「第三者による不正アクセスは確認されていない」との立場を表明。現時点で不具合による実害は生じていないとの見方を示しています。

ただしGoogle+については、2018年10月にも外部アクセスによる個人情報閲覧が問題となったばかりです。

サービス終了を2019年4月に繰り上げ

グーグルは今回の問題を受け、2019年8月にサービス終了が決定しているGoogle+の終了期間を、予定より約4か月ほど繰り上げ2019年4月に修正。

グーグルはサービス終了時期の繰り上げについて、「ユーザーの保護を確保したい」との考えを表明しています。

参照Expediting changes to Google+/Google

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?