画像:メール誤送信に関するお詫び/スリードッツオフィシャルオンラインショップより

2018年12月6日、記事タイトル及び本文の一部内容を修正いたしました。

株式会社ビービーエフは2018年11月29日、同社が運営するオンラインショップ「スリードッツ オフィシャルオンラインショップ」の購買通知メールの送信時、メルマガ等の登録をしている顧客にも誤ってメールを送信したことを発表しました。

同社によると、原因は一部システムの不具合によるもの。同社は影響を受けた顧客に対して謝罪したものの、誤送信による個人情報の流出はないとのことです。

システムの不具合による誤送信

誤送信は2018年11月29日に発生。同社は商品直後に「ご購入いただきありがとうございます。」の件名でメールを送信していましたが、システムの不具合による影響が発生したそうです。

2018年11月29日の18時30分頃に、本来メールを送信すべき購入者とは別の顧客にメールが送信されました。

個人情報の流出は無し

同社は誤送信による、代金の請求や個人情報の流出はないとしています。また同社は個人情報を厳重に管理していると発表。インシデントを踏まえて再発防止に努める考えです。

電子メールには操作ミスやシステムの不具合による誤送信の事例が多く、警戒が必要と言えるでしょう。

参照メール誤送信に関するお詫び/スリードッツオフィシャルオンラインショップ

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?