画像:NHK広報局報道発表資料(PDF)より

NHK広報局は2018年11月10日、同局より委託を受けて番組制作を行っている会社のディレクターが、メールの送信ミスを起こしたことを明らかにしました。

該当ディレクターが送信したメールには、番組制作用に収録された合計33名分の顔・音声が含む動画をダウンロードできるURLが含まれていたとのこと。NHKは今回の事案を受け、謝罪を表明しています。

誤ったメールアドレスを伝えられる

NHK公式ウェブサイトには、今回の事案の詳細が掲載されています。

これによると、誤送信を起こしたディレクターは別の委託業者宛に向けてメールを送信しましたが、送信先の委託業者が誤った連絡先メールアドレスを伝えていたとのこと。外部委託業者の連絡先の伝達ミスが、情報流出を招いた形です。

被害の詳細は?

NHKの発表によると、今回の問題となった動画は、総合テレビにて放送予定のバラエティー番組「テンゴちゃん」用に収録された映像です。映像はスタジオ動画と街頭インタビュー動画の2種が含まれており、合計33名ほどの顔や音声情報が含まれていました。

NHKは今後、外部の制作会社を含めた情報管理の厳格化を進めるとしています。

参照放送用の映像ファイルの誤送信について/NHK広報局報道発表資料(PDF)

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?