北海道室蘭市に住む大学2年生の男性が、所属大学のサーバーに不正アクセスを行った疑いで逮捕されました。

警察の調べによると、逮捕された男性は同じ大学に通う元交際相手の女性のメールを見るために侵入した疑いがあるとのこと。男性は「本人しか見ることができないメールを見た」と供述し元交際相手の女性のメールを見た事実を認めています。

恋愛のもつれから不正アクセス

不正アクセスの動機は様々なものがありますが、今回逮捕された男性の場合、「恋愛のもつれ」と考えられています。

警察によると男性は2017年11月に元交際相手の女性と別れて以来、女性に向けて過剰にコンタクトを取り、ストーカー行為として注意を受けていたとのことです。

人間関係の変化に伴う警戒も必要か

今回の事件では、男性は元交際相手の学内IDとパスワードを利用し、侵入を行った疑いが持たれています。

パスワードの入手経路は明らかにされていませんが、過去には関係の親密さを利用して不正アクセスを行った事例は数多く起きています。

人間関係に変化が訪れた時には、パスワードの変更などの措置が必要かもしれません。

参照<北海道>元カノのメール盗み見ようと…大学生不正アクセスか/HTB

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?