画像:個人情報保護委員会より

政府機関である個人情報保護委員会は2018年10月22日、大手SNSサービスのFacebookに向けて、行政指導を行ったことを明らかにしました。

同委員会によると、Facebookを介して最大8,700万人分のデータをイギリスの企業が不正取得していた問題などに対して、再発防止策を徹底するよう促したとのこと。

Facebookはこの他にもアクセストークンの流出や、不正に情報を取得している問題など、情報に関するトラブルが相次いでおり、適切な情報管理体制が問われている状況です。

ソーシャルプラグインによる情報送信問題

個人情報保護委員会は今回の行政指導において、(上記問題とは別に)Facebook側に複数の問題の解決を求めています。

具体的には、Facebookユーザーが「いいね!」ボタンが設置されたサイトを閲覧しただけで、Facebookに向けて不正に情報を送信している点も指摘。委員会側はこの問題に対しても、Facebookはユーザー側に同意を求め、わかりやすい形での適切な説明を行うべきではないかとの見方を示しました。

更に委員会はFacebookから2,900万人分のアクセストークンが流出した件についても、原因の究明や再発防止策の策定、委員会への報告を求めています。

Facebook側の反応は?

Facebook側は個人情報保護委員会から指摘された問題に対して、「指導を踏まえ、引き続き注力し、取り組んでいく」と反応しています。

今回の行政指導に対してどのような対応を取るか、注目が集まっている状況です。

個人情報保護委員会が発した3つの行政指導案件

  1. 最大8,700万人分のデータをイギリスの企業が不正取得していた問題
  2. ユーザーが「いいね!」ボタンのあるサイトを閲覧しただけで情報を送信する問題
  3. 不正アクセスにより2,900万人の個人情報が流出した事案

参照フェイスブックに初の行政指導、相次ぐ個人情報“流出”/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?