画像:兵庫県教育委員会より

兵庫県教育委員会は2018年10月15日、県立東灘高校の男性教諭(30代)がUSBメモリーを紛失したことにより、情報漏洩を起こしたことを明らかにしました。

県教委によると、USBメモリーには男性教諭が担当した生徒や前任高校の卒業生の成績データなどが含まれていたとのこと。両校は生徒らに対して謝罪を発表しました。

事案の経緯は?

県教委によると、男性教諭は2018年10月1日に紛失に気付いたとのこと。最後に作業をしたのは2018年9月28日であり、この間にUSBメモリーをなくしたものと見られています。

なお県教委によると、USBは学内所定の金庫などに保管する規則が定められていたが、この男性教諭は規定に違反して、ナップザックに入れて持ち歩いていたとのことです。

前任高校の成績データも含まれる

USBメモリーの内部には、男性教諭が担当する生徒や、前任校で担当していた生徒の成績データ合計781名分が記録されていました。

  • 県立東灘高校の成績データ:301名
  • 県立鳴尾高校(前任校)の成績データ:480名

またUSBメモリーにはセキュリティ上のロック設定が行われておらず、漏洩リスクがあるとしています。

参照県立東灘高教諭、生徒の成績入りUSB紛失 前任校含む781人分/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?