サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

マルウェア「PandaBanker(パンダバンカー)」による攻撃を確認、クレカ会社が狙われる



画像:参照CYLANCE JAPANより

情報セキュリティ会社のCYLANCE JAPANは2018年10月10日、日本やアメリカ・カナダなどの金融機関を標的に、海外で猛威を振るうマルウェア「PandaBanker(パンダバンカー)」を添付したメールが送信されていたことを明らかにしました。

情報によると、日本ではクレジットカード会社11社と、ビデオストリーミングサービス会社の情報が狙われたとのこと。幸い被害は確認されていませんが、日本ではあまり見られなかったマルウェアのため、注意が必要です。

別のマルウェアを送り込む

今回の情報では、欧米を中心に勢力を見せていたパンダバンカーの感染を狙ったサイバー攻撃が、日本国内で確認されたことを報じています。

攻撃方法は請求書などを偽装したビジネスメールを装って別のマルウェアを送り込み、外部サーバーを通信させることで、パンダバンカーの感染を拡大するというもの。

日本では2018年の夏ごろから確認されはじめているようです。

パンダバンカーに感染するとどうなる?

「PandaBanker(パンダバンカー)」は、被害者のブラウザ上に表示しているページにスクリプトを挿入することで、情報を盗むトロイの木馬型のマルウェアです。

感染者が標的の企業サイトへの接続を検知すると、カード情報の入力を促す偽画面を表示することで、情報を盗み取るなどの挙動を行います。

2016年頃に登場してから現在も猛威を振るっており、銀行口座やカード情報はもちろん、給与計算システムや、ブロックチェーンのウェブウォレットが狙われる可能性も指摘されています。

参照カード利用者狙うウイルス、サイトに偽画面表示/Yahoo!ニュース
参照脅威のスポットライト: 日本、アメリカ、カナダを標的にしたPanda Bankerの攻撃/CYLANCE JAPAN

企業向けインフラエンジニア講座 個人向けエンジニア研修






書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。