画像:DOJより

米国司法省(DOJ)は2018年9月18日、マルウェア「Mirai」の作者ら3人に対して、実刑判決を見送る方針を明らかにしました。情報によると、作者ら3人はFBIと協力してサイバー犯罪の捜査に多大な貢献をしたとのこと。今回の措置はそれらの見返りと見て良いでしょう。

「Mirai」はIoT機器をターゲットに感染を広げ、攻撃対象にDDoS攻撃を仕掛けるマルウェア。2016年に登場して以来、世界中で猛威を振るいました。

多くのサイバー犯罪の捜査に貢献

情報によると、「Mirai」の作者ら3人は2017年に罪状を認めて以来、多大な貢献を行ってきたとのことです。

具体的にどのような貢献をしたかは明らかにされていませんが、ロシアの諜報機関の関与が疑われているサイバー攻撃の捜査にも貢献したと見られており、その活躍ぶりは大きなものと推定できます。

今後もFBIの捜査に協力する

米国のサイバー犯罪捜査に多大な貢献をしたと3人ですが、さすがに無罪とはいきません。3人は懲役刑こそ受けませんでしたが、5年間の保護観察処分に加えて、合計2,500時間もの社会奉仕活動・12万7,000ドルの罰金などを命じられています。

また情報によると、3人は今後もFBIへの協力を求められたとのこと。当分の間、彼らは贖罪を続けることになるでしょう。

参照Mirai botnet authors avoid prison after "substantial assistance" to the FBI/ZDnet

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?