サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

メール誤送信で248件のアドレス流出、長野県が謝罪



画像:長野県より

長野県は2018年9月14日、同県の人事委員会が職員採用試験の受験関連メールを誤送信したことを明らかにしました。

同県によると、誤送信により受験申込者ら合計248名分のメールアドレスが流出。関係者に対して削除を依頼すると共に、謝罪の意を表明しています。

事案の経緯は?

長野県によると、メール送信の原因はメール送信時の設定ミス。担当者が2018年9月10日に受験関連メールを送信する際に、誤って他の受験者のアドレスが閲覧できる状態で送信してしまったと述べています。

担当者は送信後にミスに気付きましたが、既にメールは送信されており、流出が確定となりました。

相次ぐ送信ミス?

長野県で発生した今回の事案は、他の都道府県でも多発しているインシデントです。

記事発表時点では被害こそ確認されていませんが、流出は明らかです。

他県ではダブルチェックや誤送信に対応したシステムの導入を行っている自治体もあり、同県にも再発防止に対する厳しい措置が必要かもしれません。

参照長野県人事委がメールアドレス誤送信/Yahoo!ニュース


無料のWEBセキュリティ診断が可能!

URLhttps://cybersecurity-jp.com/shindan/ 「WEBセキュリティ診断くん」は、Webアプリケーションに存在する脆弱性を診断するツールで、無料でWEBサイトに存在する脆弱性の数を把握することが可能です。 また、実際に脆弱性に対してどのような対策を行えば良いかは、月額10,000円からの少額で診断結果を確認することが可能です。 まずは無料で脆弱性の数を診断してみてはいかがでしょうか?


書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け


ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。