画像:奈良市公式ウェブサイトより

奈良県奈良市は2018年8月27日、同市内に所在する押熊町のため池売却に関連して、反対運動を展開する地元住民ら39名の個人情報を流出させたことを明らかにしました。

市の説明によると、反対する住民らの氏名などが記載されたコピー用紙を、同意なく売却に関わる水利組合に渡したとのこと。市は謝罪を行っています。

事案の経緯は?

市の説明によると、事案に関わったのは市資産経営課の男性職員。反対住民らが2018年7月26日に署名した書類を水利組合が要求したところ、この男性職員がコピーして手渡してしまったとのことです。

事案は2018年8月20日に、反対住民の指摘により発覚。同市は2018年8月21日に回収を行っています。

被害規模は?

今回の事案で流出した書類は、反対署名のコピー6枚分・合計39名分の情報です。書類には反対住民の氏名や住所などが記載されており、個人情報に該当します。

奈良市側は「個人情報が記載された文章との認識が甘かった」と説明しており、今後再発防止のために研修を実施すると説明しています。

参照反対住民の個人情報漏洩 ため池売却で 奈良市/産経新聞

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?