画像:レデイ薬局より

薬品販売などを手掛けるレデイ薬局は2018年8月18日、愛媛エリアの店舗(くすりのレデイ・今治中央店)において個人情報が記載された書類を誤廃棄したと明らかにしました。

書類には、ポイントカード申込者の個人情報合計21件が記載されていたとのこと。ただし、同社は、発表時点での流出等は確認されていないと説明しています。

事案の経緯は?

紛失は従業員による誤廃棄です。

同社の説明によると、2018年8月14日に該当書類を扱っていた従業員が過失により廃棄したとのこと。過失の具体的内容は明らかにされていません。

同社は把握してから公表までに時間がかかったことについて、「調査を徹底して行ったために時間を要し、本日の開示となりました」と説明しています。

被害規模は?

紛失・誤廃棄された書類は、2018年8月2日~13日の間に街頭店舗(くすりのレデイ・今治中央店)で集められたポイントカード申込用紙の一部です。

書類には合計21名の個人情報が記載されており、流出が懸念されています。

流出が懸念される情報

  • 氏名
  • 性別
  • 生年月日
  • 住所
  • 電話番号

参照 個人情報を含む書類の紛失について/レデイ薬局

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?