画像:千葉県職員採用試験申込書の紛失について/千葉県より

千葉県人事委員会は平成30年8月17日、千葉県職員採用試験の申込者のうち1名分の申込書を紛失したことを明らかにしました。

千葉県は紛失被害者に対し、謝罪を表明すると同時に再度連絡するよう呼び掛けを行って対応。また、県民の信頼を損ねたことについて、再発を防止する考えを明らかにしています。

事案の経緯は?

千葉県の発表によると、紛失事案は2018年8月8日~10日の間に発生。

担当者が申込書の記載情報を分別した後に書類が入っていた封筒を裁断処分したところ、1枚足りないことが判明しました。

担当者らは書類の捜索を続けましたが、発見には至らず。裁断処分した際に消失した可能性が高いとの見方を示しています。

被害規模や再発防止策は?

千葉県は今回の事案により1名の個人情報が紛失したと述べています。

再発防止策として、今後は申込者専用の保管ケースを使用する考え。また、万が一申込書を紛失した場合も対応できるように、新たに受付簿を制作・管理を行う方針を示しています。

参照千葉県職員採用試験申込書の紛失について/千葉県

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?