画像:長崎県より

長崎県は2018年8月17日、同県秘書課の係長が書類紛失により、616人・522団体の情報漏洩を起こしたことを明らかにしました。

同県によると、係長は飲酒が原因で屋外に寝込んだ際に、必要な書類を紛失したとのこと。書類には知事や副知事等の要人の個人情報も含まれていました。

事案の経緯は?

長崎県によると、事案は2018年8月10日に発生しました。

紛失に関わった秘書課の係長は外部との懇親会に参加後に、1人でバーで飲酒。帰宅途上のベンチで居眠りをしてしまい、起床後には書類が含まれたカバンがなくなっていることが明らかになりました。

被害規模は?

紛失した書類には合計616人・522団体分の情報が含まれていました。

詳細は下記の通りです。

  • 幹部職員連絡先一覧
  • 国会議員・県議の名簿
  • 県政担当記者の携帯電話一覧
  • 各種団体関係者の連絡先

書類には代表者らの氏名や住所・携帯番号等が記録されていただけでなく、中村法道知事や2名の副知事・県議会議員の情報も内在していたとのことです。

参照県職員が個人情報紛失 酔って屋外で寝込む/長崎県

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?