大手SNSサービスの「Instagram(インスタグラム)」のアカウントユーザーが、不正アクセスを受けたという報告が相次いでいます。

発表時点で確認された報告例は数百件に及び、いずれも登録メールアドレスが勝手に変更されたり、アカウント画像が差替えられる等の被害が発生したとのこと。本来のユーザーはアカウントへのログインができなくなり、ユーザー情報等も削除されています。

なお、被害は2要素認証を導入した高いレベルのセキュリティ設定も突破されたとの情報も。手口も不明であり、今後の予断を許さない状況です。

組織的犯行の可能性

残念ながら、記事発表時点で攻撃者の手口は明らかになっていません。

ただし、不正アクセスを受けた報告例が数百に及ぶ点や、手口がいずれも似通っている点などから、組織的な犯行によるものとの見方も強まっています。

なお、意図しないメールアドレスの変更については、いずれもロシアのドメイン(.ru)のものに変わっているとのことです。

不正ログインへの対策は?

インスタグラム側は公式メディアにて、アクセスが行えないユーザーについて対策を明示。アカウントの保護を呼び掛けています。

  • 意図しない電子メール変更の通知は、「この変更を元に戻す」を選択して、パスワードも変更する
  • 少なくとも6ケタの数字や文字・記号等を組み合わせた強固なパスワードを設定する
  • 疑わしいサードパーティアプリケーションへのアクセスを取り消す など

参照アカウントの不正アクセス/インスタグラムヘルプセンター

参照Issue affecting access to Instagram accounts/Instagram
参照Instagramアカウントのハッキング被害相次ぐ、2要素認証でも被害/ライブドアニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?