サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

インスタグラムアカウントへの不正ログイン数百件以上か、組織的犯行の可能性



大手SNSサービスの「Instagram(インスタグラム)」のアカウントユーザーが、不正アクセスを受けたという報告が相次いでいます。

発表時点で確認された報告例は数百件に及び、いずれも登録メールアドレスが勝手に変更されたり、アカウント画像が差替えられる等の被害が発生したとのこと。本来のユーザーはアカウントへのログインができなくなり、ユーザー情報等も削除されています。

なお、被害は2要素認証を導入した高いレベルのセキュリティ設定も突破されたとの情報も。手口も不明であり、今後の予断を許さない状況です。

組織的犯行の可能性

残念ながら、記事発表時点で攻撃者の手口は明らかになっていません。

ただし、不正アクセスを受けた報告例が数百に及ぶ点や、手口がいずれも似通っている点などから、組織的な犯行によるものとの見方も強まっています。

なお、意図しないメールアドレスの変更については、いずれもロシアのドメイン(.ru)のものに変わっているとのことです。

不正ログインへの対策は?

インスタグラム側は公式メディアにて、アクセスが行えないユーザーについて対策を明示。アカウントの保護を呼び掛けています。

  • 意図しない電子メール変更の通知は、「この変更を元に戻す」を選択して、パスワードも変更する
  • 少なくとも6ケタの数字や文字・記号等を組み合わせた強固なパスワードを設定する
  • 疑わしいサードパーティアプリケーションへのアクセスを取り消す など

参照アカウントの不正アクセス/インスタグラムヘルプセンター

参照Issue affecting access to Instagram accounts/Instagram
参照Instagramアカウントのハッキング被害相次ぐ、2要素認証でも被害/ライブドアニュース







  • LINEで送る

書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。