画像:尼崎健康医療財団ウェブサイトより

公益財団法人尼崎健康医療財団は2018年6月23日、尼崎市からの受託業務である「健診結果情報処理業務」において、関連データを記録したUSBメモリーを紛失したことを明らかにしました。

同財団によると、USBメモリーにはがん検診や肝炎ウイルスに関するデータなどの機微情報が含まれているとのこと。ただし、USBメモリーには暗号化処理およびセキュリティー設定が為されており、発表時点での漏えいの事実は確認されていません。

事案の経緯は?

尼崎健康医療財団によると、当該USBメモリーは2018年4月6日に紛失が発覚。財団と尼崎市の間において、納品の事実を証明する受領簿の作成が行われていなかったことにより紛失したと説明しています。

財団側は今回の事案について、個人情報の取扱いの重要性を再認識するとともに、「取扱い等を再点検する」として再発防止に努める考えです。

被害の状況は?

紛失したUSBメモリーに記録されていた個人情報は下記の通りです。

  • 氏名
  • 住所
  • 生年月日
  • 性別
  • 電話番号
  • 各種がん検診
  • 肝炎ウイルス健診の結果(数字の羅列で判読できないもの)

なお、財団側は発表時点において、USBメモリーに記録されていた個人情報の総数を明らかにしていません。

参照USBメモリーの所在不明について(お詫び)/尼崎健康医療財団(PDF)

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?