サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

偽装QRコードでフィッシングサイトへ誘導、神戸大学研究グループが新たなサイバー脅威を警告



2018年6月23日、神戸大学研究グループの研究による「偽装QRコード」の危険性が報じられました。

同大学研究グループが主張する「偽装QRコード」は、一部のユーザーのみをフィッシングサイトへ誘導する仕組みを持つもの。不特定多数の相手に対してサイバー攻撃を仕掛けることを可能にする技術です。性質上再現性が少ないため発見されにくく、従来よりも一段強い警戒心が求められています。

偽装QRコードとは?

「偽装QRコード」とは、本来QRコードが想定しているリンクアドレス先とは別に、ある確率でのみ異なるリンクアドレスへと転送してしまうQRコードです。

情報によると、偽装QRコードを悪用することで「大半のユーザーは正常なサイトにジャンプするが、一部のユーザーのみ別のフィッシングサイトへジャンプさせる」等の被害が考えられるとのこと。

(なお、「偽装QRコード」は神戸大学大学院工学研究科教授の森井昌克氏が同氏の記事にて仮称として付けた名称です)

対策は?

仮に偽装QRコードが悪用された場合、取るべき対策は「リンクの確認」とのこと。

研究グループの森井教授によると、「一般の人がとるべき対策ですが、QRコード認識アプリでURLを読み込む際には、必ず認識したURLを確認してから、そのURLを表示させるということです」と述べています。

この手の不正アクセスは昨今ブラウザ上でも横行していますが、QRコードの場合はジャンプ前にURLを確認できるため、アドレスをチェックすることで対策が可能とのこと。

ただし、多くのユーザーは、あるQRコードに対して家族や友人から「正常に利用できた」という情報が入ると、何の疑念も抱かずにアクセスを試みます。偽装QRコードの真の恐ろしさは、まさしくこの部分にあるのかもしれません。

参照気を付けろ!QRコードに脆弱性?その深刻さと騙されないための対策/Yahoo!ニュース







書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。