三菱地所・サイモン株式会社は2018年4月14日、同社が運営するメールマガジン会員組織「ショッパークラブ」における情報流出に関する調査結果を公表しました。

情報漏洩に至った原因については現在も究明中としていますが、14日時点で流出が確認された件数は27万件。海外のストレージサービスに公開されていることがわかっています。

関連三菱地所「ショッパークラブ」の会員情報流出か、事実関係を調査中

流出が確認された情報は

情報流出が確認された件数は下記の通りです。

  • メールアドレス・パスワード:24万件
  • メールアドレスのみ:3万件

これ以外の登録情報、また「三菱地所グループカード」の会員情報については流出の対象ではありません。

具体的な対応は?

同社では、情報流出が確認された会員に対しメールでの通知を行うとともに、原因究明に向け調査を続けるとしています。

また、会員情報を管理しているデータベースはすでにネットワークから切り離しており、今後の情報漏洩は防止されているとのことです。

参照ショッパークラブ会員情報に関するご報告/三菱地所・サイモン株式会社(PDF)

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?