三菱地所・サイモン株式会社は2018年4月14日、同社が運営するメールマガジン会員組織「ショッパークラブ」における情報流出に関する調査結果を公表しました。

情報漏洩に至った原因については現在も究明中としていますが、14日時点で流出が確認された件数は27万件。海外のストレージサービスに公開されていることがわかっています。

関連三菱地所「ショッパークラブ」の会員情報流出か、事実関係を調査中

流出が確認された情報は

情報流出が確認された件数は下記の通りです。

  • メールアドレス・パスワード:24万件
  • メールアドレスのみ:3万件

これ以外の登録情報、また「三菱地所グループカード」の会員情報については流出の対象ではありません。

具体的な対応は?

同社では、情報流出が確認された会員に対しメールでの通知を行うとともに、原因究明に向け調査を続けるとしています。

また、会員情報を管理しているデータベースはすでにネットワークから切り離しており、今後の情報漏洩は防止されているとのことです。

参照ショッパークラブ会員情報に関するご報告/三菱地所・サイモン株式会社(PDF)

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。