画像:前橋市サイトより

前橋市教育委員会(市教委)は、生徒らの個人情報漏洩が懸念される不正アクセス事件について、2018年4月6日の午後5頃までに90件超の問い合わせがあったことを明らかにしました。

幸い漏洩による被害は確認されていませんが、多くの関係者が不正アクセス被害によって市教委に対する疑念を抱いており、深刻な影響を及ぼしていることを示唆しています。

〈関連〉不正アクセスで児童及び教職員の個人情報4万5千件超漏洩!前橋市教育委員会

漏洩内容や想定被害に質問が集中

前橋市のウェブサイトでは、「よくある質問」として下記のものを紹介しています。

  • 漏洩された情報にはどんなものがあるか。
  • 想定される被害は何か。
  • 被害にあったときにはどうすればよいのか。
  • 今回の原因は何か。

一連の問合せ内容を分析すると、質問内容は「漏洩内容」や「想定被害」などに集中。関係被害者が強い関心を寄せていることが明らかです。

第三者委員会の設置を決定

市教委は今回の事態を重く受け止めたのか、不正アクセス被害の原因究明や再発防止策について判断を行うために、第三者委員会の設置を決定しました。

この第三者委員会は、セキュリティー専門家や関連法律の専門家などにより構成される予定です。

〈参照〉教育ネットワーク対応室(コールセンター)の開設時間とお寄せいただいた主な質問について

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。