画像:Facebookより

2018年3月29日、米国の大手SNS企業「Facebook」は、自社SNSのプライバシー管理設定を改変。ユーザーが自身の個人情報の提供範囲を、より簡単に制御できるよう変更する予定を発表しました。

同社はアレクサンダー・コーガン氏らによる個人情報不正利用事件を受け、対応策として提供したと説明。一連の事件で生じたマイナスイメージを払拭する考えです。

〈関連〉米Facebookの個人情報約5,000万件、大統領選にて不正利用か

プライバシー機能を強化

今回の改変では、モバイルサイトのデザインを見直し、ユーザーがより「どのアプリに個人情報を提供するのか?」を選択しやすいように変更。

更にプライバシーセンターと呼ばれるメニューを新設。同機能はセキュリティの強い2段階認証を導入したり、公開するプロフィールの範囲を選択可能とのこと。

この他にも複数の機能や細かな説明を加えることで、ユーザーがより安心して使える環境作りに取り組むことを明らかにしました。

個人情報の取扱いが改めて問われる

企業が収集した個人情報は、言うまでもなく慎重に取り扱わなければなりません。

ところが、現実にはFacebookのような巨大企業であっても、このような大規模な漏洩事件を引き起こします。同社CEOは「事件によりユーザーとの信頼関係が崩れた」と沈痛な表情で謝罪を行い、対応に追われている状況です。

個人情報は、企業にとってくどいと感じるほど扱いに注意すべき情報であり、顧客が寄せている信頼の証でもあります。

〈参照〉より使いやすくするために、プライバシー関連ツールを更新/Facebook

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事