画像:C.O.U.オンラインショップブログより

2018116日、有限会社ケイズファクトリーは同社が運営する革製品中心の販売サイト「C.O.U.オンラインショップ」が、海外からのサイバー攻撃を受けた事を発表しました。

同社の発表によると、今回の不正アクセスで個人情報最大335件が流出した可能性があるのとこと。漏洩可能性のある情報の中には、カード情報も含まれていると説明しています。

事件の経緯は?

不正アクセスが発覚したのは2017915日。決済代行会社よりC.O.U.オンラインショップ」からカード情報が漏洩している可能性あると指摘があったことにより、明らかになりました。

通報を受けた同社は直ちにカード決済機能を停止し、2017923日に外部調査機関「PCF社」に調査を依頼。

その後行われたPCF社の調査により、201785日~2017915日の間にウェブアプリケーションに内在する脆弱性を利用したサイバー攻撃を受けていたことが判明したと説明しています。

流出した情報は?

今回の事件で漏洩した可能性のある個人情報は、201785日~2017915日にC.O.U.オンラインショップ」でカード決済を行った個人情報、最大335件です。

流出した情報の内訳は「氏名・クレジットカード番号・有効期限・セキュリティーコード」であり、不正利用の可能性が懸念されています。

同社は再発防止策として、セキュリティ監視体制及び監視体制の強化を発表。被害可能性のある利用者については、郵送で報告と謝罪を行うと共に、カードの再発行の支援を行う方針を示しています。

(参考URL)
http://www.security-next.com/089426
https://www.cou-shop.jp/SHOP/

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?