画像:幻冬舎HPより

2018年1月15日、著名出版社の「幻冬舎」は、同社が運営するウェブサイト「幻冬舎plus」が何者かのサイバー攻撃を受けた結果、個人情報流出の可能性があることが明らかにしました。

同社の説明によると、流出した可能性がある個人情報は最大で約9万3,014名を数えるとのこと。同社は関係当局と連携して、問題解決に当たることを発表しました。

事件の経緯は?

今回の事件は2017年12月27日に、幻冬舎のウェブサイト会員からフィッシングメールによる被害報告があったことを端緒に発覚。その後、同社がウェブサーバのログを調査したところ、サイバー攻撃の痕跡が確認され、情報漏洩の可能性があると発表に至っています。

なお、同社の説明によると、不正アクセスはシステムサーバに含まれた脆弱性を悪用したものとのこと。同社のサーバ管理の委託先である協力会社が2017年3月30日に実施したアップデートファイルの中に、脆弱性が内在していたと説明しています。

脆弱性自体は2017年8月18日に修正されたものの、その間の不正アクセス被害の調査を行われておらず、今回の発表に至っています。

被害規模は?

幻冬舎の発表によると、今回流出した可能性がある情報は2013年11月12日~2017年8月18日に、同ウェブサイトに会員登録されたデータです。

流出した可能性のある情報の内訳は、「メールアドレス・ユーザーID・氏名」。クレジットカード情報などの流出が懸念されましたが、幻冬舎側はこれらの情報に含まれずと説明しています。

なお、幻冬舎が運営する他のサイトの個人情報は、別のシステムで運営されているため流出の可能性は無いとのことです。

〈参照不正〉
アクセスによる会員情報の流出に関するご報告とお詫び/幻冬舎

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?