12月16日、韓国のメディア企業「朝鮮日報」は、今年から頻発しているサイバー攻撃について、北朝鮮によるサイバー攻撃であると報道しました。

同紙によると、一連のサイバー攻撃はいずれもビットコインをターゲットにした不正アクセス。約3万6,000人分の個人情報が漏洩、900億ウォン相当の被害金額が乗じたとのことです。

求人応募を装ったハニートラップ

朝鮮日報によると、一連のサイバー攻撃はいずれも仮想通貨取引所への「求人応募」に偽装した手口。担当者が思わず悪性コードを踏んでしまいたくなるかのような「美人」の応募者を装うことで、不正アクセスの成功率を高めたものと見られています。

こうしたハニートラップは北朝鮮が最も得意とする部分。日本企業を対象とした被害は確認されていないものの、仮想通貨の認知度と需要傾向によっては、今後警戒が必要となるかもしれません。

北朝鮮のハッカー集団「ラザルス」

なお、今回のサイバー攻撃の主犯格は、北朝鮮のハッカー集団「ラザルス」の可能性が高いと見られています。

一連のサイバー攻撃に用いられた悪性コードは、かつて米国ソニーピクチャーズやバングラデシュ中央銀行を襲撃したコードといくつかの点で類似。ハニートラップの件と合わせて考慮すると、北朝鮮の組織的な犯行と断定して差支えないでしょう。

<参照>
「美人の写真」をエサにビットコイン奪取。北朝鮮ハッカー部隊のハニートラップ/デイリーNKジャパン 編集長 高英起

仮想通貨狙い、サイバー攻撃=韓国で90億円被害も―北朝鮮/時事通信

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?