フジダイレクトが不正アクセス被害。情報漏洩の可能性

この記事は約 1 分で読めます。



11月10日、株式会社フジテレビジョンのチケット直販サイト「フジテレビダイレクト」が、外部からの不正アクセスにより、登録ユーザーの個人情報が漏洩した可能性があることを発表しました。

被害の可能性がある個人情報は合計181件。第三者による情報の改ざんや、なりすましによるチケットの不正購入が行われた可能性もあるとのことです。

事件の経緯は?

同社の発表によると、一連の不正アクセスが確認されたのは2017年11月7日20:00~11月9日8:30頃。攻撃者はリスト型攻撃を実行することで、不正にログインを行ったものと述べています。

リスト型攻撃とは、予め入手しておいたID・パスワードのリストを用いて、他のサイトに不正なログインを試みる手法。悪用されたリストは攻撃者が外部のウェブサイトなどから不正に入手したものと見られています。

被害状況は?

冒頭にて触れた通り、現時点では合計181件の情報漏洩が懸念されています。同社の報告の可能性がある個人情報は以下の通りです。

・氏名及び性別
・住所
・電話番号
・秘密の質問と答え

なお、同社発表によると、「クレジットカード情報は一部表示のため、漏洩はございません」と述べています。

参考:http://www.fujitv.co.jp/kokuchi/171110.html

セキュリティ診断サービス
あなたの会社のWEBサイトは大丈夫?社内ネットワークも心配... サイバー攻撃されて問題になる前にしっかりチェック!

こちらのページもご覧ください。

0からサイバーセキュリティの現状がわかる
情報漏洩セキュリティ対策
ハンドブックプレゼント

img_pdf1.はじめに
2.近年の個人情報漏洩の状況
3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策
4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策
無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

メルマガ登録はコチラ