11月6日、トレンドマイクロは「European Police Office(略称:ユーロポール)」と共同でATMを狙ったマルウェア動向に関するレポートを発表するとともに、その実態を明らかにしました。

ATMマルウェアと呼ぶべきこのマルウェアは、銀行ネットワークに侵入して不正出金を行うことが目的。感染による被害は甚大なものになると予測されています。

進化するATMマルウェア

同発表によると、ATMマルウェアが確認されたのは2009年。当初はUSBデバイスやCD-ROMなどを用いた物理的アクセスによる侵入経路であったため、脅威とは言っても十分に対処は可能なレベルでした。

ところが、最近は他のマルウェア同様にネットワーク回線を通じて金融機関のATMにサイバー攻撃を行うものが確認されており、警鐘を鳴らしています。

日本での攻撃も懸念

「ATMマルウェア」は現在のところ主に東欧や東アジアを中心に活動を続けており、国内でのインシデントはほぼ存在しないものと見られています。

ところが、最近はこうしたマルウェアが突如日本をターゲットに変更・流入してくる事例が後をたちません。今回は金融機関のATMをターゲットにしたマルウェアであるものの、日本企業全般を対象としたサイバー攻撃は常に一定確率で存在します。

スパムメールを用いた標的型攻撃などは、従業員のリテラシーを高めることでかなりの部分を防げます。サイバー攻撃が世界的な広がりを見せている今こそ、新たなセキュリティ教育が求められているのかもしれません。

〈参照〉
最新脅威解説「ATMマルウェア」資料ダウンロード/トレンドマイクロ

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?