画像:サイトM&Aより

10月30日、GMOインターネット株式会社は同社が手掛けるサイト売買仲介サービス「サイトM&A」にて、個人情報合計14,612件が流出したことを公表しました。

同社によると流出した個人情報は以下の通り。

  • 氏名
  • 住所
  • 生年月日
  • 電話番号
  • メールアドレス

また、同社はクレジットカード情報を保有していないと述べています。

事件の概要は?

同社発表を要約すると事件が起きたのは9月14日。外部から個人情報が流出しているとの指摘を受け、調査を開始したとのことです。

また、調査を進めるにあたって同社が外部の調査機関に依頼したところ、流出の原因は外部からのサイバー攻撃による可能性が高いことが判明。

啓作組織や関係省庁と連携して事件の解決を進める見通しを述べています。

被害発生後の対応は?

同社によると、10月26日より既に被害者には書面または電子メールを利用して、事件の詳細と謝罪を行っているとのことです。

また、本件の公表が遅れた理由は、「個人情報悪用の二次被害防止のための対応が一部進行中であることから、個人情報取扱事業者として適切な対応を検討した」結果と説明。

現在のところ懸念されていた2次被害は発生していないものの、不正利用の監視体制は継続する意向を示しています。

<参照>
サイトM&A(サイト売買仲介サービス)ご登録会員様情報流出のお詫びとお知らせ/GMOインターネット株式会社

GMO、1万4612件の顧客情報が流出--サイト売買サービスに不正アクセス/CNET Japan

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。