サイバーセキュリティーサービスの比較・資料請求サイト|中小企業向けのセキュリティ対策を考える「サイバーセキュリティ」に関する情報メディア。日本の中小企業の情報を守るため、最新のセミナー・人材育成・製品・中小企業向けのセキュリティ対策を考えるサイバーセキュリティ情報サイトです。

「Apple」を騙るフィッシングメールが急増中、うっかり騙されないように注意しよう



画像:Apple HPより

フィッシング対策協議会は8月24日、米国巨大企業の「Apple」を騙るフィッシングメールが、再度活発化していることを警告しました。

実は、アマゾンやアップル等の大企業を騙るフィッシングメールは以前から繰り返し行われており、それ自体は珍しいものではありません。
しかし、今回の誘導先のフィッシングサイトは、従来のものと比べてかなりセンシティブで、良く言えば「Apple風」。うっかり騙されないように注意が必要かもしれません。

基本的な手口に変化は無し ~具体的な内容もご紹介~

 

今回警告が発せられたフィッシングメールの内容そのものは、以前とものと比べて大きな変化はありません。

具体的には、「ご購入ありがとうございます」といったタイトルから入り、「App store」等の請求を行うというもの。メールの下部には「お支払いをキャンセルする」というリンクが作られており、これがフィッシングサイトへの入り口です。

また、メールには「請求書の注文.docx」という謎のファイルも添付されています。うっかり踏んでしまうと、大変なことになるのは火を見るより明らかです。

対処法は従来通り。不審なメールにはご注意を。

今回のようなフィッシングメールに対しては、従来通りの「不審なメールを開かない」という対処法が有効です。身に覚えのない請求に不安を感じてしまう気持ちは十分に理解できますが、リンク先のURLや添付ファイルの不信点には注意が必要です。

フィッシングメールへの対応の誤りは、時として深刻な被害をもたらします。本サイトでも繰り返し申し上げていることですが、今一度注意を促してみては如何でしょうか。

<参照>Apple をかたるフィッシング (2017/08/24)/フィッシング対策協議会

企業向けインフラエンジニア講座 個人向けエンジニア研修






書籍「情報漏洩対策のキホン」プレゼント


当サイトへの会員登録で、下記内容の書籍「情報漏洩対策のキホン」3000円相当PDFプレゼント
(実際にAmazonで売られている書籍のPDF版を無料プレゼント:中小企業向け大企業向け

下記は中小企業向けの目次になります。

  1. 1.はじめに

  2. 2.あなたの会社の情報が漏洩したら?

  3. 3.正しく恐れるべき脅威トップ5を事例付きで
    •  3-1.ランサムウェアによる被害
    •  3-2.標的型攻撃による機密情報の窃取
    •  3-3.テレワーク等のニューノーマルな働き方を狙った攻撃
    •  3-4.サプライチェーンの弱点を悪用した攻撃
    •  3-5.ビジネスメール詐欺による金銭被害
    •  3-6.内部不正による情報漏洩

  4. 4.情報漏洩事件・被害事例一覧

  5. 5.高度化するサイバー犯罪
    •  5-1.ランサムウェア✕標的型攻撃のあわせ技
    •  5-2.大人数で・じっくりと・大規模に攻める
    •  5-3.境界の曖昧化 内と外の概念が崩壊

  6. 6.中小企業がITセキュリティ対策としてできること
    •  6-1.経営層必読!まず行うべき組織的対策
    •  6-2.構想を具体化する技術的対策
    •  6-3.人的対策およびノウハウ・知的対策

  7. 7.サイバーセキュリティ知っ得用語集

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より会員登録をして無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

無料会員登録はこちら

SNSでもご購読できます。