Twitterアカウント7,300件盗取か、不正アクセス禁止法違反容疑で大学生逮捕

大手SNSサービス「Twitter」の個人アカウントに対して、不正アクセスを行った札幌市に住む18才の男子大学生が、不正アクセス禁止法違反の疑いで逮捕されました。

今回の逮捕の裏付けとなる証拠品は既に押収されており、パソコンのHDDはもちろん、男子大学生のものと思われる、複数のスマートフォン及びタブレットPCが並べられています。

手口はSNSを介したウイルス付きファイルか

警察の調査によると、逮捕された大学生は不正アクセス被害者である茨城県鉾田市に住む高校3年の男子生徒とSNSを利用してやり取りを続けており、その際にウイルス付きファイルを送信して、不正アクセスを行ったものと見られています。

なお、気になる動機についてですが、逮捕された大学生は警察の取り調べに対して、「自分の力を誇示したかった」「お金を稼ごうと思った」と述べているとのことです。

この手の動機によるサイバー犯罪は注目されつつあり、警察関係者は警戒を募らせています。

パソコン内に7,300件のIDが記録されていた

なお、操作の際に男子大学生のパソコンには他人のアカウントと思われる7,300件ものTwitterIDとパスワードが記録されており、波紋が広がっています。

警察の調査では男子大学生は今年3月頃にTwitterのログイン画面に似せたフィッシングサイトを作り、他人のIDやパスワードを盗取していたのではないかとのことです。警察の見解では今回の事件と関連した余罪があると見て、引き続き調査を進めています。

<参照>
ツイッターに不正アクセスの疑い、男子学生逮捕/Yahoo!ニュース

情報漏洩セキュリティ対策ハンドブックプレゼント

メルマガ登録で、下記内容の「情報漏洩セキュリティ対策ハンドブック」プレゼント

1.はじめに


2.近年の個人情報漏洩の状況


3. 内部要因による情報漏洩
3-1.被害実例
3−2.内部犯行による被害統計情報
3-3.内部犯行による情報漏洩が増え続ける3つの原因
3-4.内部犯行を減らすための対策


4. 外部要因による情報漏洩
4−1.近年の個人情報漏洩の状況
4−2.実際の近年のサイバー攻撃による企業の被害実例
4−3.サイバー攻撃の統計情報
4-4.サイバー攻撃がふえ続ける5つの原因
4-5.急増する日本の企業のWEBサイト改ざんへの対策
4-6.サイバー攻撃の種類を把握しよう
4-7.日本におけるサイバー攻撃に対する国の対応と今後
4-8.外部要因による情報漏洩のセキュリティ対策

無料でここまでわかります!
ぜひ下記より無料ダウンロードしてみてはいかがでしょうか?