画像:日本サイバー犯罪対策センターHPより

警視庁サイバー犯罪対策課は、「重要書類」などと記載したウイルス添付メールが急速拡大していると表明。企業担当者を中心に、警戒するよう呼び掛けています。

「重要書類」などと記載。警視庁やJC3が警戒を呼び掛ける

手口は「重要書類」や「口座振替払い」など、つい表示してみたくなる件名を使用して、添付されたウイルス付きExcelファイルを開封へと誘導するものです。

本文には「お世話になります。昨日お話した重要書類です。」などと記載されており、巧みに取引先であることを装っています。
また、添付ファイルはx000000(ランダムと思われる数値)と無機質な印象に仕上げられており、気を抜くとつい開封してしまいそうな作りとなっています。

ITリテラシーの低い従業員などは、引っ掛かってしまうかもしれません。
警視庁サイバー犯罪対策課や、一般財団法人日本サイバー犯罪対策センター(Japan Cybercrime Control Center:JC3)は、詳しい情報を掲載することで警戒を促しています。

古典的だが巧妙化するメール犯罪

この手の、メール添付ファイルを使用したセキュリティ犯罪は、もう何十年と使われ続けている不正アクセスの手口です。

ところが、今回の事件のように手口は年々巧妙化しており、ウイルスの性質も従来の「被害そのものを楽しむ」遊興・享楽型から、「個人情報を盗み出し、金銭を盗取する」利益型へと変遷しています。

今回問題となったファイルも、感染した端末に保存されているネットバンク・クレジットカード情報を盗取する、「Gozi」(別名「Ursnif」「Snifula」「Papras」など)などのマルウェアの感染を狙っていると見られており、感染すると深刻な被害を受けることは避けられないでしょう。

<参考サイト>

インターネットバンキングマルウェアに感染させるウイルス付メールに注意/一般財団法人日本サイバー犯罪対策センター

件名「重要書類」の添付Excelファイルに注意、ウイルス付きメールの拡散に警視庁が注意呼び掛け/YahooニュースINTERNET Watch

【無料メール講座】6日間で「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」対策が分かる最新セキュリティトレンド講座


社内のセキュリティ対策でお悩みではありませんか?
この講座を受けていただくと、6日間のメールで下記のことがわかるようになります。

  • 必要最低限の「セキュリティ対策」を正しく理解する方法とは?
  • 経営者目線のセキュリティ対策とは?
  • 経営者が陥りやすいセキュリティ対策の3つの思い込みとは?
  • セキュリティ対策を進める上で知っておくべき3つのポイント
  • セキュリティ対策の大きな課題「未知のマルウェア」&「ヒューマンエラー」の解決方法

この情報をぜひ貴社のセキュリティ対策にお役立てください。